ワードプレスのバックアップ プラグイン UpdraftPlus で簡単自動バックアップ

ワードプレスでブログを運用されている方は多いのではないでしょうか。アフィリエイトで生計を立てている方もかなり増えて来ているようで、書いた記事はまさに資産といっても過言ではありません。

サーバにトラブルが発生したり、ハッキングの被害にあってしまう可能性もゼロではありませんのでバックアップはしっかり取っておきましょう! といってもなかなか定期的にバックアップを手動で取って行くのは結構面倒ですよね。

今回はこのデザインウォーカーでも使っているバックアップ用のプラグイン UpdraftPlus をご紹介します。他のプラグインもいくつかみたのですが、レビューや機能を比較してみるとやっぱりUpdraftPlus 一択で決まり!って思ってしまったので今回はUpdraftPlusのみをご紹介します。

UpdraftPlusはワードプレスのバックアップ系のプラグインで1億回以上もダウンローされている人気ナンバーワンのプラグインです。

UpdraftPlusでできることは大まかに二つ

  • ワードプレスのデータをクラウドにバックアップ
  • クリーンインストールされた状態からのデータ復元

バックアップもリストアも出来るんです!

UpdraftPlusプラグインのインストール方法

まずはUpdraftPlusプラグインをダウンロードして、インストール、プラグインを有効化します。設定からUpdraftPlus Backupsをクリックして、設定画面へ

UpdraftPlusの設定画面から「設定」タブをクリックして設定画面を開きます。

1.設定画面へ

ファイルとデータベースのバックアップスケジュールの頻度を選択します。

ファイルのバックアップは、テーマファイル、プラグイン、画像などのアップロードしたファイルのバックアップが取られます。データベースは投稿した記事、ページ、コメント、各種の設定などデータベースのバックアップが取られます。

どれくらいの頻度で平均的にブログを更新されているかによって、バックアップのスケジュールを設定してください。毎日更新されている方は1日1回バックアップを取られることをおすすめします!

2.バックアップ頻度を設定

次にバックアップを取ったファイルをどこに保存するのかを選択します。お使いのクラウド環境やFTPなどバックアップファイルを保存する先を選択できます。

3.保存先を選択

GoogleドライブやDropboxなどにファイルを保存しておくのがおすすめです!今回はGoogleドライブを選択しました。

Googleの認証ページへ遷移します。Googleのアカウントでログインしてください。

4.ドライブと接続

Googleドライブと繋がりました。

早速一回目のバックアップを取ってみて、実際にGoogleドライブにファイルが保存されているかどうか確認してみてください。後は、最初に設定した頻度でバックアップファイルがGoogleドライブに保存されるようになります。

ここまで設定が出来てしまえば、自動的にバックアップファイルが取られるので、万が一データが飛んでしまっても、復元が出来るので安心ですね。今すぐバックアップは取っておきましょう!後回しにして、データが飛んでしまっても誰も助けてくれないですよー!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です