ソーシャルヒストリーであなたの信用をスコア化!?

NewsPicksコミュニティマネージャーの最所 あさみ(asami saisho)氏 (@qzqrnl)のツイート がとっても面白い考え方だなぁと思ったので共有です。

クレジットヒストリーって何?

クレジットヒストリー略してクレヒスとは、あなたのこれまでの金銭的な信用度を表す指標で信用情報機関に登録されている個人情報のことです。もしあなたがクレジットカードを作ろうとすると、クレジットカード会社がその信用情報機関に問い合わせてクレジットヒストリーを参照して、クレジットカードを発行しても問題ないかどうか、限度額はどれくらいにするのかを決めるための指標となるのです。

アメリカでは、このクレジットヒストリーの概念は一般的に誰でも知っていて、銀行やクレジットカードの付加サービスとして、オンラインや郵送で自身のクレジットヒストリーのスコアを定期的に確認することが出来る サービスが提供されています。車のローンやリース、住宅ローンやアパートの賃貸契約の際などにもこのクレジットヒストリーを元にローンの利率が決まったり、ローンやリース契約そのものの可否を判断される大きな指標となっているのです。

クレジットヒストリーのスコアは今現在どれくらいの金額を借り入れしているのか、しっかり期日内に返済しているのか、クレジットカードの限度額に対して何%使用しているのかなど様々な要素からあなたの金銭的な信用度が数値化されています。それが毎月変動していきます。クレジットカードの返済が滞ったりするとスコアが下がったり、クレジットカードを何枚も作ると下がったり、毎月期限内にしっかり返済していると上がったりなど少しずつ変動します。

アメリカに来たばかりの日本人はアメリカでのクレジットヒストリーがまったくないため、車を現金で一括で買わなければいけなかったり、アパートの契約や携帯電話の契約まで、なかなか審査が通らず、大変な思いをしている人が多くいらっしゃいます。なので、クレジットヒストリーは、ないならないで不利なんです。

ソーシャルヒストリーであなたの信用をスコア化!?

このクレジットヒストリーの概念がSNSの世界に導入されて、ソーシャルヒストリーとして信用のスコア化が当たり前になってくるのでは?というツイートでした。単純なフォロワーの数ではなく、SNSでの立ち居振る舞いを過去数年に渡ってスコア化しようと

バーチャルとリアルの境目はどんどん溶けてなくなっているので、クレジットヒストリーと同様に、 車のローンやリース、住宅ローンやアパートの賃貸契約の審査だったり、就職活動の際やフリーランスで活動する際にもソーシャルヒストリーが指標になってくるよということ。

アメリカでは違法だったはずですが、企業で採用する際に人事が応募者のfacebookをチェックしたりすることもありますよね。

なので「あなたのフォロワー増やします。」とかフォロワーをお金で買ってたり、ソーシャル上で荒らし行為をしてみたり。そんな人達は、フォロワー数がたとえ増えたとしても、どんどんソーシャルヒストリーのスコアは下がっていきますよ。

近い将来、ソーシャルスコア250以上の人限定のオンラインサロンとかソーシャルスコア350以上の人と出会える結婚相談所などのサービスが出てくるかもしれませんね。 理想の男性は高学歴・高身長・高収入・高ソーシャルスコアと四高の時代に突入して、「そんなやつリアルにいねーよ」と、ますます結婚しない日本人が増えて、さらなる少子化が進んでしまうかもしれないです…。

SNSで暴れまわって、ソーシャルヒストリーがボロボロになってしまって、ソーシャル自己破産でソーシャル債務整理して人生やり直します!みたいな人も出てくるかもしれないですね。そこに、「あなたのソーシャルヒストリーの回復をお手伝いします。」なんてブログやYouTube、セミナーなどのサービスも立ち上がって、新しいビジネスが生まれるかも?

そんな事考えているとSNSで誰かを攻撃したり変なことしてないで、みんな楽しくゆるーくつながっていきましょうよ。というお話でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です