NewsPicksを活用してブログのアクセスアップしよう!

先日、小野寺聡さんが公開されたnote【ブロガー必見】記事アクセス向上のためのNewsPicks活用法

ツイッターやfacebookなどを使ったアクセスアップの活用法などは、よく目にするのですが、NewsPicksを活用してアクセス向上させるための情報はあまり見かけたことがなかったので、早速noteを購入させていただき、実践してみたのでレポートです。

このブログのこれまでの運用

そもそもの前提条件として僕のこのブログ自体、これまで約10年間くらい、ほぼ更新していなくて放置していました。(当時は月間30万ページビューくらいあったのですが…。) 先月ごろから、また少しずつ更新を再開させたブログなので、もともと、ほぼアクセスなんてありません。 ツイッターのフォロワー数は4,000近くあるのですが、こちらも長い間放置していたアカウントなので、 ほとんどのフォロワーがアクティブではない状態で、ツイッターも最近少しずつ再開している感じです。

更にNewsPicksのフォロワーに関しては、致命的な35人…。そんな中、試行錯誤を繰り返していた時に出会った、 小野寺さんのこのnote。いろいろと試していく中でこのブログのアクセスアップの最適解をなんとか見つけたいなと。 そんな状態でNewsPicks活用法を実験してみましたので、ハードルをぐぅーっと下げて御覧ください。

これまでは、単純にブログを書いて公開。Google先生に気づいて頂けるのを指をくわえて待っているような状態でした。 後はツイッターでつぶやいて、数日間ツイートをプロフィールに固定しておくくらい。 それだけでも、毎日のようにブログを更新していると少しずつアクセスは上がってはいたのですが、 もう少し別の切り口からアクセスを持ってこれないかなと思っていたところでした。

NewsPicksは単純にニュースを読んでいて楽しかったのとアウトプットする練習としてニュースをピックしてはいましたが、 自分のブログ記事を自らピックするという概念はありませんでした。

noteを読んでみて速攻で実践!

購入したnoteを参考に早速、先日書いたブログ記事「英語でECサイト作ったら世界中から注文が来るようになったお話」こちらの記事を試しにピックしてみました。

出来たページがこちら なんと小野寺さんにもピックしていただき、10Picks! 全くバズる感はないのですが、それでも十分に効果がありました。



ブログ記事を公開した当日は、この記事のページビューが9だったのですが、NewsPicksにピックした日のこの記事のページビューは79にアップしました! およそ9倍の効果でした!

更に1件コメントまでいただきました!やはり記事を書いたものとしては、読んでいただいた方から何らかの反応を頂けるのは非常に嬉しいものですね。NewsPicksユーザーの方は是非、ピックとコメントを頂けると嬉しいです。

小野寺さんの記事のような、リアルタイムでのアクセスが2607というような驚異的なアクセスはもちろんありませんが…。全くアクセスの無いような、こんなブログでも 十分に効果があったということが実証されたのではないかと思います。

【ブロガー必見】記事アクセス向上のためのNewsPicks活用法はこちらからどうぞ

今後の対策としては、以下のポイントを改善しつつ、もう少しNewsPicksを攻略していきたいなあと思っています。

  1. NewsPicksのフォロワー数を増やす
  2. 魅力的な記事タイトルを付ける
  3. NewsPicksユーザーを引きつける内容の記事にする

NewsPicksのフォロワー数を増やす

やはりフォロワーの数が少ないなかでピックしても、自分がピックしたページを見てもらえる可能性はかなり低いです。 日頃から定期的にピックして、少しずつでもフォロワーの数を増やしていかないといけないなと痛感。

ただしツイッターのようにインフルエンサーのつぶやきをリツイートしたりすることが出来ないので、 なかなかNewsPicksのフォロワー数を増やす事自体がかなり難しいようです。もう少し研究が必要ですね…。

魅力的な記事タイトルを付ける

小野寺さんのnoteでも詳しく説明されていますが、ブログ記事のタイトルは重要だと思います。その日に勢いで、既に書いていたブログ記事をピックしたので、 「英語でECサイト作ったら世界中から注文が来るようになったお話」という非常にナメきったタイトルでそのままピックしてしまいました…。

NewsPicksのユーザーの方は、結構お固めの方が多いと思われるので、もう少しお固めのタイトルにすべきだったのかなと思います。 例えば「海外向けEコマース構築 3つのポイント」などのタイトルにしていたら、もしかするともう少し伸びていたのかもしれないです。(あくまでも仮設ですが。)

なるべくビジネスサイトで使われているような言い回しでタイトルを付けるべきでした。ここも試してみる余地がありそうです。

NewsPicksユーザーを引きつける内容の記事にする

こちらも小野寺さんのnoteで詳しく説明されています。やはりプラットフォームが違えば住人が違う。ツイッターでバズる内容が、 そのままNewsPicksでも受け入れられるかと言うと、そうでもないようです。こちらも記事のタイトル同様に、プラットフォームにあわせたコンテンツを提供する必要があるかなと感じました。 僕の場合だと、アメリカに17年間住んでいることで、アメリカの生の情報をリアルタイムにお届け出来るということが強みのひとつになるはずなので、 日本からはわかりにくい、アメリカの最新情報などを届けていくことで、差別化を図ることが出来るのではないかと考えています。

NewsPicksのカテゴリーにあるような、テクノロジー、ビジネス、政治・経済、金融・マーケット、キャリア・教育、社会・スポーツ、イノベーションなどの分野でブログを書いている方は、是非NewsPicksを攻略して、 アクセスアップを目指してみても良いのではないでしょうか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です