Photoshopチュートリアル めくれた感じを表現する

Photoshopを使って影の調節など、ちょっとした工夫で、かなり立体感のある、いい感じのめくれを表現できますね~!

こういった、細かい部分にこだわったデザインって素敵ですね。。

っちゅわけで、Photoshopで写真とかステッカーがめくれた感じを表現するチュートリアルをまとめてみました。。


1. PSTUT


2. photoshop Lab

3. Veerle’s blog


4. Sigsource


5. Whits’ Photoshop Tutorials




めくれを表現するだけでも、いろいろな方法があるのですね。


っちゅうわけで、個人的に気に入った一番目のPSTUTさんのチュートリアルを簡単にご説明

1. セレクトツールで写真の大きさに選択。グラデーションツールを選んで左上から右下にドラッグ。そのとき、背景色は#F7F2E7にしておく。




2. 選択範囲を小さくする。(Altキー + S + M + C)もしくは、下の画像のように、[選択範囲]メニューから選択範囲を小さくします。この小さくする部分が、写真のふちになるのでお好きなピクセルサイズで小さくしてください。とりあえず4pxにしましたが・・・




3. 新しくレイヤーを追加して、縮小した選択範囲を塗りつぶす。




4. お好きな写真を追加して、クリッピングマスクをかけます。すると、3で塗りつぶした部分しか写真が見えなくなるはず。。




5. 写真にグラデーションをかけます。







6. レイヤー全部にロックをかけて、お好きな角度に傾けます。




7. 最初に描いたグラデーションのレイヤーをCtrlボタンを押しながら選択。すると、下のようにグラデーション部分が選択されるはず。




8. パスを追加します。




9. パスを変形します。この部分が最終的に影になります。




10. 変形したパスを選択部分に変換します。




11. 一番下に新規レイヤーを追加して、黒く塗りつぶします。




12. 塗りつぶした部分にぼかしをかけます。




今回はちょっと、難しかったかも?こんな感じでできました??

関連記事

9件のコメント

  1. ちょっと戸惑いましたがなんとかできました。
    とても素敵ですね。

    ありがとうございます

  2. tu-sanさん
    コメントいただきましてありがとうございます。これからも、使えるチュートリアル紹介する予定ですので、参考にしてみてくださいね!今後ともよろしくお願いいたします~!

  3. Photoshopチュートリアル めくれた感じを表現する

    Photoshopを使って影の調節など、ちょっとした工夫で、かなり立体感のある、いい感じのめくれを表現できますね〜!こういった、細かい部分にこだわ…

  4. [5.]のステップで、右下にホワイトのグラデーションを加えるともっと自然。

    そえrと、黒のグラデーションはちょっときつすぎる気が…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です