LINEで送る
Pocket

ビットマップの編集・加工にGIMPを利用されている方々も多いのではないでしょうか?

GIMPはオープンソースとは思えなほど、よくできているソフトですね。さらに、多くのユーザーがユニークなプラグインを公開しているので、プラグイン次第でさらにパワーアップさせることが出来ます。

今回は、GIMPをさらにパワーアップさせるプラグインをいくつかご紹介します。

Separate+

RGBをCMYKにコンバートするなど、CMYKファイルを扱うことが出来ます。日本語も対応しています。

Separate+

Layer Effects

ドロップシャドウやベベルとエンボスなどのレイヤースタイルが利用できます。

PSPI

Photoshop用に公開されている、プラグインファイルをGIMPでも利用可能にするプラグインです。

Liquid Rescale GIMP plugin

写真の重要な部分を歪めることなく、写真をリサイズすることができます。詳しくは、以下の動画を見てもらうのが一番わかりやすいです…。

exposure-blend

HDRっぽい画像をつくることができるプラグインです。

exposure-blend

Texturize

一枚の画像をシームレスなタイル画像に変換してくれるプラグインです。サイトの背景をつくるときに便利。

Texturize

Pandora

複数の画像を一枚のパノラマ画像に変換してくれるプラグイン。

virtualPhotographer

これ一つで50種類以上のきれいなエフェクトが入っています。

virtualPhotographer

MathMap

画像を歪めて変形させる事のできるプラグインです。このプラグインを使いこなせば、とってもきれいなGifアニメーションをつくる事もできそうです。

GIMP Plugin Registry

GIMPのプラグインがまとめて紹介されているサイトです。


GIMP Plugin Registry

Download free GIMP plugins (40+ plugins)

Webデザイン用や画像処理用などカテゴリに分けて、40種類のプラグインがまとめられています。


Download free GIMP plugins (40+ plugins)

Similar Posts:

LINEで送る
Pocket


5 Thoughts on “GIMPをパワーアップさせるプラグインいろいろ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です