ウェブデザインで見るアメリカ大統領選挙2008

日本でも、ニュースなどで報じられているかと思いますが、アメリカ大統領選挙が今年11月に実施されます。

というわけで、最近、大統領選挙関連のサイトをよく目にします。

多くのサイトは、アメリカ星条旗のイメージから、青と赤の色使いで作られてます。

本日は、ウェブデザインで見るアメリカ大統領選挙2008ということで、アメリカ大統領選挙関連のサイトをまとめてみました。

1. Barack Obama | Change We Can Believe In


Barack Obama | Change We Can Believe In

2. HillaryClinton.com


HillaryClinton.com

3. Ron Paul 2008 — Hope for America


Ron Paul 2008 — Hope for America

4. John McCain 2008 – John McCain for President


John McCain 2008 - John McCain for President

5. The Democratic Party


The Democratic Party

6. Political Base – Election and Candidate Information


Political Base - Election and Candidate Information

7. Dennis Kucinich for President 2008 – Strength through Peace


Dennis Kucinich for President 2008 - Strength through Peace

8. Mike Huckabee for President


Mike Huckabee for President

9. Republican • National • Committee


Republican • National • Committee

個人的には、やはりオバマ氏のサイトが、一歩リードかな?っといった印象です。

みなさんはいかがでしょうか?

デザインblogランキング

コメント 2 Comments »   はてなブックマーク   del.icio.us

この記事に関連する記事



2 Responses to “ウェブデザインで見るアメリカ大統領選挙2008”

  1. mcs Says:

    はじめてコメントします。いい観点ですね。

    さて、パッと見でですがYouTubeなどのWEB2.0共有などのロゴがあるものは、さすがアメリカだなと思います。Hillary, Ron Paul, Huckabeeなどが見てあるとすぐわかる。

    日本の政治もここまでできるかなぁ...

  2. sato shigai Says:

    拝見させて頂きました!
    オバマ氏のサイトのインデックスページは
    文字を詰め込みすぎないところとか、
    非常に簡潔で、デザインも洗練されているなと感じました。

    ただ、オバマガールが出てほしい気持ちも若干・・・(笑)

    ありがとうございました!

この記事に対するコメントを残す




この記事のトラックバックURL

広告掲載のお問い合わせはこちら

検索

Google

カテゴリーアーカイブ

最近の記事

タグ・クラウド

月別アーカイブ

Agile Media Network パートナーブログ