LINEで送る
Pocket

みなさんも、良くご存知のアカデミー賞が先日、ハリウッドのコダックシアターで行われましたね。。

今回、助演女優部門でノミネートされていた菊地 凛子さんは惜しくも受賞なりませんでしたね。。残念。

このアカデミー賞っちゅうものは、アメリカ国内で上映された映画を対象に行われる映画賞でございます。

っちゅうわけで、今回の受賞作品と、過去10年間の作品賞、主演男優賞、主演女優賞をまとめてみました。

2006年度(第79回)
作品賞: ディパーテッド
主演男優賞: フォレスト・ウィテカー (ラストキング・オブ・スコットランド)
主演女優賞: ヘレン・ミレン (クィーン)

2005年度(第78回)
作品賞: クラッシュ
主演男優賞: フィリップ・シーモア・ホフマン (カポーティ)
主演女優賞: リーズ・ウィザースプーン (ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 )

2004年度(第77回)
作品賞: ミリオンダラー・ベイビー
主演男優賞: ジェイミー・フォックス (Ray / レイ)
主演女優賞: ヒラリー・スワンク (ミリオンダラー・ベイビー)

2003年度(第76回)
作品賞: ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
主演男優賞: ショーン・ペン (ミスティック・リバー)
主演女優賞: シャーリーズ・セロン (モンスター)

2002年度(第75回)
作品賞: シカゴ
主演男優賞: エイドリアン・ブロディ (戦場のピアニスト)
主演女優賞: ニコール・キッドマン (めぐりあう時間たち)

2001年度(第74回)
作品賞: ビューティフル・マインド
主演男優賞: デンゼル・ワシントン (トレーニング デイ)
主演女優賞: ハル・ベリー (チョコレート)

2000年度(第73回)
作品賞: グラディエーター
主演男優賞: ラッセル・クロウ (グラディエーター)
主演女優賞: ジュリア・ロバーツ (エリン・ブロコビッチ)

1999年度(第72回)
作品賞: アメリカン・ビューティー
主演男優賞: ケヴィン・スペイシー (アメリカン・ビューティー)
主演女優賞: ヒラリー・スワンク (ボーイズ・ドント・クライ)

1998年度(第71回)
作品賞: 恋におちたシェイクスピア
主演男優賞: ロベルト・ベニーニ (ライフ・イズ・ビューティフル)
主演女優賞: グウィネス・パルトロー (恋におちたシェイクスピア)

1997年度(第70回)
作品賞: タイタニック
主演男優賞: ジャック・ニコルソン (恋愛小説家)
主演女優賞: ヘレン・ハント (恋愛小説家)

こうやって、並べてみると以外に見てない作品も結構ありますねぇ。。
個人的には、この中では、『戦場のピアニストが一番衝撃的で今でも記憶に残ってるかな。。。

Similar Posts:

LINEで送る
Pocket


5 Thoughts on “アカデミー賞”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です