「coming soon」とは具体的に何日ぐらいを意味するのか?

あいあい。どうもどうも。

わたくし本日はちょっぴりご立腹気味でございます。

っちゅうのも、1週間ほど前から、わたくしの使っている銀行のオンラインバンキング・システムの一部が、リニューアルのため、現在使うことが出来ません。。

そのページには、小っさく「coming soon」って書かれております。。

オンラインバンキングが使えないのは非常に厳しいっす。。。

アメリカでは、よく目にする、この「coming soon」。
工事現場、映画館、ウェブサイトなどなど。

日本だったら、「2007年春完成予定」とか、あらかじめ大雑把な予定教えてくれるでしょ。
アメリカ人は、「もうすぐです」っと、一言で半年も一年もひっぱります・・・

この辺が、国民性の違いなんでしょうかね?

よく、こちらでは太ったおばはんが受付をしていて、「1秒待って」って言います。
まぁ、これは英語の表現で、本気で「1秒待って」って言ってるわけではないのですが・・・

わたくし、これを言われるたびに、笑顔でうなずき、心の中では、

「おのれに1秒で何ができるんじゃい!」

と思ってしまいますわ。。アメリカでの「1秒」「もうすぐ」は、日本の「1秒」「もうすぐ」とは、わけが違いますねん。

デザインblogランキング

コメント No Comments »   はてなブックマーク   del.icio.us

この記事に関連する記事



この記事に対するコメントを残す




この記事のトラックバックURL

広告掲載のお問い合わせはこちら

検索

Google

カテゴリーアーカイブ

最近の記事

タグ・クラウド

月別アーカイブ

Agile Media Network パートナーブログ